切るか抜くか | 髪が薄くて困ってる、そんな人は植毛に挑戦してみましょう
menu

切るか抜くか

散らばっている錠剤

植毛の方法には大きく分けて2つ、自毛植毛と人工毛植毛というものがあります。
これらの方法にはそれぞれメリットとデメリットが有りますが、一般的にメリットが多いと言われているのは自分の髪を植え直す自毛植毛という方法になります。
そしてこの自毛植毛という植毛の方法には、更に2つの植毛方法が存在しています。
その方法というのは「FUT」と「FUE」という方法です。

この2つの植毛方法の違いについてですが、まずFUTというのは「頭皮を切り取り、植毛をする部位に対して移植する」という植毛の方法になります。
非常に広い範囲を切除し移植するため、一度の植毛で広範囲の治療が可能となりますが、その分切り取った場所には大きな傷が残ってしまうといった難点があります。
次にFUEですが、これは「頭皮の毛根部分を専用の道具で繰り抜き、移植する」という治療方法になります。
このFUEという方法の場合、頭皮に対して小さな穴が複数開く程度のため、FUTと比べて傷の残り方などが少なくなります。
しかしFUEの場合、毛を抜く量が多くなってしまうと抜いた場所全体が薄毛になったように見えてしまうなどの難点があります。
また、このFUEは高度なテクニックを持った医師が行わなければ移植先で髪が定着しないといった難点もあるため、どちらも一長一短の手法であると言えるでしょう。
そのためもし自毛植毛を行うのであればまずはFUTとFUEのどちらを行うのか、というのをしっかりと考える、そしてもしFUEを行うのであれば腕の良い医師が在籍するクリニックを調べて利用するなどの事前準備を徹底するようにしましょう。